home>楔形欧文

「ウガリトストーン」




● 楔形欧文 ウガリト 制作中

現在のシリア北部にあった古代都市ウガリト。
この遺跡から発見された紀元前14世紀から13世紀頃の文字板にある最後期の楔形文字がウガリト語である。
この楔形文字の特徴は、原シナイ文字から発展したフェニキア語から派生したアルファベットを示し
楔形文字でありながら最古のアルファベットの例とされている。ウガリト語は本当の楔形文字でありますが、
この楔形のエレメントを生かし楔形文字に見えるアルファベットがあったら面白いのではないかと思い
楔形からアルファベットに変遷した古代のウガリト王国へのオマージュとして楔形欧文を作ってみました。